総武本線市川駅南口から徒歩1分。無料法律相談のご予約は 0120-413-127

民泊について「週刊ビル経営」の取材を受け
記事にしてもらいました。

「民泊」のホスト運営にあたっては
旅館業法違反の問題や
ゲストにルールを守らせる難しさに注目が行きがちですが

よりよいサービスをと思って付加価値(オプション)をつけようとすると
それがさらに法律違反となる可能性があります。

「民泊」自体が現状ではグレーですし、
「民泊」を無断転貸物件でやっている場合、そのこともグレーです。

このように、グレーな土壌で「民泊」を行っている現状であるため
付加価値を付けて顧客を獲得するにあたって
ホストの人が、もう一つのグレーを犯してしまうことに抵抗がなくなってしまう可能性も
あるのかもしれません。

Airbnbを含む「民泊」での競争はかなり熾烈になってきています。

集客確保のため、ホストの方々は、Airbnbのサイトの写真を撮りなおしたり、
家具を入れなおしたりしています。
そのような努力に加え、ゲストの送迎や地産品の食事提供をしようとすると
別な法規に違反してしまいます。

法律の内容が旧態然としているという問題もありますが
現状では、サービスには法的制限がありますので
ご注意いただきたいと思います。