総武本線市川駅南口から徒歩1分。無料法律相談のご予約は 0120-413-127

大阪北部地震があり

いまだ余震が続いています

震災に遭われた人たちは、生活情報を得るために

SNSなどから情報を得ているものと思われます

しかし、このような場合に注意しなければならないのが

いたずらに不安を煽るような悪質なデマ

今日も、大阪でシマウマが逃げたとか

京セラドームに亀裂が入ったとか

電車が脱線したとか

根拠のない悪質なデマの流布が散見されます

 

悪質なデマをツイッターなどで流すと

逮捕されてしまうかもしれません

 

熊本地震が発生した直後に

「地震のせいでうちの近くの動物園からライオン放たれたんだが 熊本」

という内容のツイートを写真付きで行った男性が

偽計業務妨害の疑いで逮捕された

という報道がありました

刑法233条(業務妨害罪)

虚偽の風説を流布し,又は偽計を用いて,人の信用を毀損し,又はその業務を妨害した者は,三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

虚偽のデマをネットで流すことが

虚偽の風説の流布にあたることは明らか

その結果、

動物を管理している動物園

京セラドームを管理している京セラ

電車を管理している電鉄会社

に問い合わせやクレームが多数入れば

業務を妨害されることは明らかです

 

逮捕までする必要が本当にあったのか

見せしめ目的だったんじゃないのか

という疑念もありますが…

 

そして気をつけなければならないのは

リツイートしたりシェアしたら

その人も共犯者になりうるということです

 

ツイッターなどで記事を見て

事実関係の調査をせず

それを真実だと思い

そして良かれと思って

シェアする人も多いかもしれませんが

この行為は

情報取得の経緯はどうあれ

結果だけ見れば、風説を流布していることは間違いがありません

 

情報が大事な時期だけに

情報を受信する際も

発信する際も

慎重に情報をセレクトしましょう

面白そうだから、とシェアするのは危険です!!

 

abemaTV「有罪率99.9%」の刑事裁判で無罪連発 “勝訴請負人”弁護士の信念とは

アトム市川船橋法律事務所弁護士法人

市船への招待状