総武本線市川駅南口から徒歩1分。無料法律相談のご予約は 0120-413-127

取扱分野一覧

services

無料法律相談

初回30分 無料法律相談 スピード対応 土日祝日夜間対応

借金問題

手続の問題

債務整理のご相談

ご質問

カードローンや消費者金融への返済が難しくなっている状況です。一部の消費者金融からの借金の返済が滞ってしまっており、返済のために借り入れをしている状況です。 何かよい方法はないでしょうか?

回答

返済が難しくなっているのであれば、早急に債務整理を行った方がよいでしょう。借金をなくしてリセットする自己破産手続、借金を圧縮して2~3年で返済していく民事再生手続(住宅を残す方法もあります。)、借金を圧縮して返済期間を延長する任意整理手続など、あなたにとって適した解決方法が必ずあります。まずは、弁護士に速やかにご相談ください。

解説

⑴ 債務整理の方法

1  任意(私的)整理

● 利息制限法に基づく業者との話し合いによる債務整理
● 借金を負けてもらい一括返済
● 中間利息などのカットによる分割返済

2  調停(特定調停)による整理

● 簡易裁判所に申し立てて調停(特定調停)で利息制限法に基づく債務整理

3  訴訟による整理

● 訴額が140万円以下は簡易裁判所、140万円を超える場合は地方裁判所
● 過払い分の返還請求の訴訟
● 債務が存在しないことを確認する訴訟

4  個人再生手続による整理

● 地方裁判所に個人再生手続の申立をして債務を整理
● 再生計画案が認可され、再生計画どおりに履行が完了すると残債務が免除される。

5  自己破産による整理

● 地方裁判所に自己破産の申立をして債務を整理
● 免責決定を受けると借金が免除される。
● 免責が確定することによって破産宣告による制約がなくなる(復権) 。

⑵ 債務が100万円を超えたら重症

 クレジット・サラ金債務の整理に関し、重要な考え方は早期発見、早期治療ということです。できるだけ早期発見すれば、つまり、クレジット・サラ金からの負債件数、負債額が少ないうちに発見すれば、それだけ解決も容易です。

 家族など第三者が早期に発見する手がかりとしては、債務者本人に対し変な電話がかかってくることが多くなったり、なんとなくそわそわして落ち着きがなくなったり、クレジット・サラ金業者から催促書や請求書がきたり、クレジット・サラ金の領収書や銀行の振込金受取書などが発見されたときは、クレジット・サラ金から相当債務を負っている可能性がありますので、すぐ本人に問いただしてみることです。

 また、債務者本人の自己診断としては、クレジット・サラ金に対する返済が毎月の自己収入の範囲では困難となり、その支払いのために親、兄弟から借金したり、あるいはカードによるキャッシングを重ねたり、他のサラ金業者から新たに借入せざるを得なくなれば「重症」であるとの自覚を持つ必要があります。

 例えば、月収20万円くらいのサラリーマンであれば、クレジット・サラ金からの債務が50万円を超えると支払いは相当困難に陥るはずです。一般的に債務が100万円を超えたら他のクレジット・サラ金業者から借り入れして支払わざるを得ない状況になりますから、債務が100万円になったら「重症多重債務患者」になったとの自覚が必要です。

 もし債務が100万円になった段階で自分の収入の範囲では返済できなくなり、年29.2%の金利でクレジットカードキャッシングをしたりサラ金からの借り入れで返済するという”自転車操業”を繰り返した場合、債務額は三年で約240万円にふくれ上がってしまいます。自分の身内がクレジット・サラ金から多額の債務を抱えていることを発見した人や、自分が重症多重債務患者になっているとの自覚に達した債務者は、直ちに弁護士会や地方公共団体など適当な相談機関に行き、早期治療を受けることともに、家族に相談することが大切です。

 治療に当たっては、未整理のクレジット・サラ金業者、債権者について一気に整理してしまうことが肝要です。つまり、災いの根を残しておかず断ってしまうことが大切ということです。そうしないと未整理で残ったクレジット・サラ金に対する支払いから、再び債務が雪だるま式に増えて「重症多重債務患者」に陥るケースがよく見受けられるからです。

⑶ 整理は弁護士に頼んだ方がよい

 治療は自分でも、また債務者の親戚の者でもできますが、自己流でやって将来に禍根を残さぬよう、できるだけ信頼できる弁護士に依頼して債務整理を行う方がベターなやり方です。

弁護士費用

法律相談

無料法律相談 個人の借金問題 初回の30分 無料
30分以降 下記通常の相談料
相談料 30分ごとに
5,400円(税込)

個人の債務(任意)事件

着手金 債権者1社につき 21,600円(消費税込み)
但し、54,000円を最低金額とします。
報酬金 債権者と合意の成立 債権者1社につき 21,600円(税込)
債務の減額 減額された金額の 10.5%(税込)
過払金の回収 回収額の 21%
(訴訟提起した場合は 26.25%)
実費 郵便の発送に係る費用や交通費等 通常1万円程度

個人の自己破産手続

着手金 216,000円(税込)
報酬金 免責(借金免除)決定 108,000円(税込)
管財事件(資産がある場合) 108,000円(税込)
実費 裁判所への手数料、郵便の発送に係る費用や交通費等 通常3万円程度
管財事件(資産がある場合)は、別途裁判所へ20万円を納める必要があり。

個人の民事再生手続

着手金 324,000円(税込)
報酬金 通常の場合 216,000円(税込)
住宅を残す手続をする場合 324,000円(税込)
実費 裁判所への手数料、郵便の発送に係る費用や交通費等 通常3万円程度

無料法律相談

初回の30分に限り無料。初回30分以降の料金は30分ごとに5,400円(税込)。どのような内容でもお気軽にどうぞ。

地図・アクセス

総武本線 市川駅から徒歩1分。
平日・休日 9:00 ~ 20:00
※ 時間外も応相談