【やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる(やけ弁)】第1回見ました!!

コラム

「スクールロイヤー」

ってまだ一般的ではないですが

今年度、文科省が多額の予算を研究費として請求しています

主な目的はいじめなどの対応とされていますが

当然、体罰、モンペ、LGBT、校内事故、近隣トラブルのようなさまざまな法律問題を解決して行くことが求められています

この「スクールロイヤー」を題材にしたドラマが

今日始まったNHKドラマ

『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』

やけに長い!!(笑)

略して『やけ弁』

はじめからこっちにすれば…

でも番組は30分とコンパクトなので見やすかったです

主役の神木隆之介さんも雰囲気ありましたね

理屈っぽくて真っ直ぐな弁護士像として

今回のトピックはモンペ

僕も相談を受けたことが何度もあります

何を言っても許されると思っている親

それで増長する子供

学校教育法第11条は、教師による体罰を禁止しています

ただ、有形力(要はボディタッチ)を使えばなんでもかんでも体罰になるわけではありません

判例上も、態様や状況などを踏まえて体罰に該当するかを判断しています

今回のドラマでの有形力は

体罰の域には達していない可能性が高いと思います

とはいえ

実際の現場では、体罰の疑いがある行為をしたというだけで

親、教頭、生徒たちにより

針のむしろのような状態にされてしまうでしょう

体罰性を裁判で争うなどという事態は

レア中のレア

『穏便に」という不合理な命題の下

「なんとか丸く収めろ」という無理難題を強いられ続けるのが実情

このような教頭の対応もパワハラではないかと思います

モンペと事なかれ主義の教育現場に

『やけ弁』に一石を投じてもらいたいです

ついでにドラマの冒頭の

松井の五連続敬遠

敬遠を批判するなら、敬遠をルールで禁止すればいいというセリフがありました

なるほどな、と笑ってしまいました

こういうシニカルなやりとりにも期待したいです

来週は教員と労働基準法!!

「有罪率99.9%」の刑事裁判で無罪連発 ”勝訴請負人”弁護士の信念とはhttps://abematimes.com/posts/3378507

市船への招待状https://youtu.be/egn-l2AQVrY

アトム市川船橋法律事務所弁護士法人http://www.ichifuna-law.com/

 

関連記事

【自転車のあおり運転厳罰化を弁護士完全解説!】チャリンコもしっかりと処罰されますよ!!

【自転車のあおり運転厳罰化を弁護士完全解説!】チャリンコもしっかりと処罰されます...

続きを見る

【あおり運転厳罰化を弁護士完全解説!】道路交通法・自動車運転処罰法(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律)の改正内容と改正ポイントが丸わかり!!

【あおり運転厳罰化を弁護士完全解説!】道路交通法・自動車運転処罰法(自動車の運転...

続きを見る

【経営者必見!!】「破産は悪」ではない!!コロナ不況で経営者が絶対にやってはいけないこと! 資金ショート編

【経営者必見!!】「破産は悪」ではない!!コロナ不況で経営者が絶対にやってはいけ...

続きを見る