総武本線市川駅南口から徒歩1分。無料法律相談のご予約は 0120-413-127

CM女王の広瀬すずさんが出演していたレオパレス21のCM

曲もキャッチで耳に残っています

 

しかし、先日、社長の謝罪まで行われたレオパレス21の違法建築スキャンダルによる余波が

CMの出演契約にも及んでいるようです

 

http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16118794

週刊新潮「レオパレス問題でとばっちり CM出演「広瀬すず」と違約金めぐるトラブル」

レオパレス側としては、確かに急にCM流すなと言われたら

CM契約代金だけでなく、これからの引越しシーズンの顧客獲得に大きな影響が出ます

ですので、広瀬すずさん側の契約の一方的破棄だとして賠償請求できそうです

 

とはいえ、そもそも自分のせい

また、広瀬すずさんにしてみたら、

今回のスキャンダルのせいで

「違法建築のレオパレスのCMに出ている」

というレッテルによって、CMで見せる清廉なイメージの悪化も避けられません

 

こういう場合、どちらが賠償を支払うのでしょうか

契約内容が明らかになっていないため、特約などがある可能性もあり、何とも言えない部分はありますが

CM出演契約の基本的な規定を前提に解説させていただきます。

 

【レオパレス側の言い分】

CM出演を依頼する側は、基本的に契約期間中に、タレント側が「出るのやめた」という余地がないような契約書を作っているはずです

途中でCMを作るなと言われたら、CMの製作費だけでなく、広告枠を買う費用、そしてその後の売り上げなど

多くの損害が出てしまいます。

 

ですので、契約書では、明文で広瀬すずさん側からの契約解除を定めていない可能性があります。

 

その一方で、広瀬すずさん側からの一方的な契約破棄などが行われた場合は

「出演者(プロダクション)の責に帰すべき事由による契約の履行不能」

として、レオパレス側からの損害賠償請求が認められる余地があります。

 

レオパレス側が違法建築を認めるまでは、この条項を盾に広瀬すずさん側に賠償請求をしていたのだと思います。

 

また、既に広瀬すずさん側に対して支払われている契約金についても

「解約するときは、プロダクション側はレオパレス側対し、未使用期間分の契約料を日割計算のうえ返還する。」

といった条項に基づき、日割りでの返金を求めることができます。

 

しかし、やはり、今回の不祥事はレオパレス側にほぼ100%の責任があります

 

このような規定を根拠に、CM出演を拒否した広瀬すずさん側が賠償を受けたらたまったものではありませんね

 

【広瀬すずさん側の主張】

 

タレントはイメージを重要な要素とした商品だと思います。

 

それゆえ、CM出演契約には

「(イメージの尊重)
 レオパレス側は、広瀬すずさんの CM 出演および本件広告の使用にあたり、広瀬すずさんの品位やその培ったイメージを損なわないよ
うに配慮します。」

「契約当事者は、相互に品位、信用を損なうような言動をしてはならない」

といった規定が入れられています。

 

レオパレスの今回の不祥事は、まさにこのイメージ尊重の規定に反する行為になりますので

広瀬すずさんはレオパレス側に賠償請求できるでしょうし

契約書の中に契約解除条項がないとしても、レオパレス側の債務不履行を根拠に契約解除もすることができるでしょう

 

そして、広瀬すずさんがレオパレス側に請求できる賠償額ですが

結論としては1000万円を超える賠償額になる可能性が高いと思われます。

(この賠償額が高いため、レオパレス側と広瀬すずさん側の賠償交渉が座礁してしまったのだと思います)

 

まず、イメージ棄損による経済的損害の賠償が考えられます

今回のスキャンダルにより広瀬すずさんのイメージが棄損された結果、

他社のCMを打ち切られてしまったり

新たなCMのオファーが来なくなった

という事実関係が証拠により裏付けられるのであれば、

そのCMに出られていた場合の契約金相当額は賠償額として計上できるでしょう

CM出演料は数千万円といわれていますので、賠償額もかなり高額になる可能性があります

 

また、レオパレス21以外の同業他社からもCMの依頼が以前あったとのことです

 

CM出演契約では、同業他社の広告出演禁止が定められています

それゆえ、レオパレス21の契約があったため、その契約を受けることができなかったということになります

逆に、もしレオパレス21との契約がなければ、同業他社のCMに今後も複数年にわたって出演し、出演料をもらい続けることができた可能性は高い

その一方で、レオパレスとの契約は今年で打ち切りとなり、今後継続的な出演料はもらえない

 

それゆえ、レオパレスが今回のスキャンダルを起こしたせいで、今後の継続的な出演料がもらえなくなったといえます

それゆえ、広瀬すずさんとレオパレスとの契約が何年契約だったのかにもよりますが、契約期間満了後の相当期間分の出演料も

賠償として請求できる可能性もあります

レオパレスとの今回の契約が3000万円なので、やはり契約更新された場合の出演料も相当な額になると思います

 

さらに、イメージ棄損に対する慰謝料も考えられるかもしれません

 

このように広瀬すずさん側は、レオパレス側に対して、多額の賠償金を請求することができます

 

【最後に】

このように理論的には、広瀬すずさん側は賠償請求できます

とはいえ、この件で「多額の賠償請求」とか「民事裁判へ」となると、またイメージ悪化につながります。

おそらくそうなる前に何らかの解決になるのではないかと思います。

 

 

abemaTV「有罪率99.9%」の刑事裁判で無罪連発 “勝訴請負人弁護士の信念とは

 

アトム市川船橋法律事務所弁護士法人

 

市船への招待状